<< インゴマウラーの遺伝子 AI WEI WEI 展のこと >>

私の料理好きの原点

e0161061_016135.jpg


ちょうど、先月にロンドンから来ていた友人と約5.6年ぶりに訪れました。
学芸大学の静かな佇まいの中にある
「すずき」

割烹というカテゴリーでしょうか。カウンターと、こあがりがあるこじんまりな広さ。
ずっと行きたかったんです。ほんとに。

なのでよいきっかけでした。

e0161061_020339.jpg


やはりなにも変わっていません。以前とおなじ空気でした。
丁寧な仕事がカウンター越しに見えます。

e0161061_021320.jpg


そして本当に芯から「美味しい」と思えるお料理。
出汁もとっても品の良い味。

e0161061_0224364.jpg


でも、凝った奇をてらうことをしていることはいっさい無く、
良い素材を目利きし、それをただ、ただ丁寧に仕上げているだけ。

e0161061_0235224.jpg


料理は五感を刺激するといいますが、五感を通して心まで届く
ひと皿、ひと皿。

でもなによりも、ご主人の以前と変わらぬ気さくさと、割烹、料亭というちょっと
敷居の高さを感じさせる和食店にありがちな気負いが全く無い。。

e0161061_026589.jpg


しかし、新しい発想と工夫は常に。
酢飯をオリーブオイルで炒めて、ウニとまぜご飯にするなんて !
思いもしないことをサラッとやってのけます。

私は、気付かないうちに料理の奥深さや楽しさにどんどんはまって
いったのは、きっとなぜか「すずき」のご主人と出会ってからの
ような気がします。

なにか壁にぶつかったり、自分をリセットしたくなったら
行きたくなると思います。

そして行ったあとは、数日この余韻にひたって自分を元気にさせてくれる
という、そんなパワーのあるお店です。

おりしも、ミシュラン2010年東京が発表になりましたが、
「すずき」は連続☆をとりました。

☆を以前とったのは知っていて、勝手に「もしかしたら変わっちゃうのかな・・」
なんて思っていた私はこないだ訪れたとき、全くなにも変わらない
「すずき」に感謝したのです。
by htani1223 | 2009-11-22 00:31 | お気に入りのお店(和食)
<< インゴマウラーの遺伝子 AI WEI WEI 展のこと >>