<< リサーチつれづれ - 古書店の灯り 3月3日と久々に着物 >>

休日散歩 "ふるほんばし"

e0161061_2124448.jpg


清澄白河に在住3年目、いろいろな風景に出会っています。
このへんを含む深川地域では、季節の様々な催しがあって、なんとも風情があり
休日はとても心地よい空気が漂っています。
季節は3月春が近いこのごろ、"ふるほんばし" というアート本はじめいろんなジャンルの
古本たちが集まるイベントが始まっています。

資料館通りには、もともとアート本の古書店もあり、そこを含め最近オープンした
センスある古道具と本の店なんかもあり、現代美術館が4月までメンテナンス休館でちょっと
寂しいこの時期を"ふるほんばし"で盛り上げていました。

すこしまわってみようと、立ち寄ってみたら・・なんとも私の大好きな分野の
本がたくさん! 二軒立ち寄って、三冊をあっという間に購入。

e0161061_2111314.jpg

食べもの系と落語系・・(笑)
ふるほんばしにも参加している、ババグーリに寄りマフィンを購入。
お茶しながら、戦利品を眺めてます。
ふだん、本屋さんには行って、新刊や話題の本は目に入ってくるものの
古本というのは、新刊などのそこにはない時間を経て届く、発見でもある。
以前に出版されたもので、時間が経っているのに、いま手に取ってその時期を
懐かしいと思うだけではなく、時間を経た今だから、今の自分にだからこそ
気づかせてくれるメッセージが詰まっているような気もする。
そう思うと、古くて新しいお宝なのかもしれない。

ふるほんばしの会期中は、トークイベントも開催されているよう。
うちの近所に最近でき、古書ドリスさん。セレクトがとてもセンスがあって
気に入っているお店なんだけど、こちらのドリスさんがトークされるイベントも。
テーマがとても興味深く、早速申し込んでしまった。
いまからとても楽しみ。

ふるほんばし
は3/24まで。
by htani1223 | 2013-03-16 21:27 | つれづれ
<< リサーチつれづれ - 古書店の灯り 3月3日と久々に着物 >>