<< ヒラメキの ! アイディア かぶと牛肉の塩煮込み >>

映画の中の料理について

e0161061_025219.jpg


映画を好んで見るときに選ぶ基準が、なんといってもテーマは"食べ物"関係。
ホームコメディや、ヒューマンドラマでもやはり海外の映画の中には、美味しそうな料理が出てきそうなので、ライフスタイルのディテールにかなり集中してみることがあります。
そこでも主人公がシェフだったりしたらDVDは買いますね。
お気に入りのひとつが「マーサの幸せレシピ」
あとになってハリウッド版にもリメイクされましたが、私はやっぱりオリジナルが好きで、これは
何度も何度も見ました。今でも時折DVDをみています。
で、見たままに想像力を働かせ、映画の中に出てきたものを作ったりもしました。
イタリアンなメニューが中心なんですけどね。
主人公が恋してしまうスーシェフがイタリア人の男性だったりするものだから、そこは箇所箇所にイタリアンなのです。とっても美味しそうでした^ ^


e0161061_0103181.jpg




そして、今また数年ぶりにDVDを借りてきて見ているのが「タッチオブスパイス」
ギリシャとトルコを舞台に様々な人間模様が歴史の中の出来事に翻弄されながら、その人生を
前菜、メイン、デザートといったチャプターでストーリーが展開されます。
劇場で公開初日に見に行ったのですが、協賛がスパイスのメーカー企業で初日の来場者にはスパイスセットが無料で配られたのを思い出します。
そう、この映画のなかにはギリシャ料理、トルコ料理がいっぱい出てきます。
もう目にも鮮やかな色彩のお料理の数々。
香辛料がポイントのようです。
なぜ、今コレをまた見ているかというと、かなり真剣なのですが、近々友人宅で「ギリシャとトルコ料理」をテーマのご飯会をするからなのです。
いや~、結構軽いノリで「やろう!やろう!」と言ったのですが、なかなか奥が深いです。
もう少し、じっくりリピートしてこの映画を見ようと思いました。

近々ギリシャトルコ会の様子がアップすると思うので、お楽しみに♪
by htani1223 | 2009-01-23 00:17 | つれづれ
<< ヒラメキの ! アイディア かぶと牛肉の塩煮込み >>