<< TOKYO BY TOKYO ブロッコリーペンネ >>

イル・ボッカローネ

e0161061_1471984.jpg

久々にサシ飲みしようと誘いがあったのは先月にもなりますが、
仕事先のデザイナーの方と。
なんだかんだ慌しくて今月やっと実現。

一度前から行ってみたかったんです !
イル・ボッカローネ
姉妹店のラ・ビスボッチアはだいぶ何年も前に、行ったことはありますがとても日本にいるとは思えない
雰囲気と本格的なイタリアンな味に圧倒された記憶があります。
だから、予約がとれた ! と聞いたときからワクワクでした。

e0161061_1521119.jpg

お店に入るや、なんとも陽気な雰囲気 !
大げさでやりすぎじゃない感じがまず、期待を裏切りません。
最初の前菜「男前の前菜」っていう確かメニュー名でした・・

e0161061_1545875.jpg

確かに、シェフたちは気さくで陽気な男前(!?)
e0161061_155788.jpg


e0161061_157525.jpg


オススメの一品でしたので。いわしとオレンジの香りは好相性ですね !

e0161061_1584022.jpg


牡蠣とラルドのオイルソースのパスタ
フェトチーネは正解 !

e0161061_1581826.jpg


こちらのお店の売りでもある炭火焼で鴨のムネ肉を。
ムネ肉ですが、まったくパサパサしていなくてカリッとシットリが絶妙な・・



e0161061_204910.jpg


ワインはトスカーナのサンジョベーゼ。
全部の料理にピッタリで。

e0161061_232347.jpg


イカ墨のリゾットはどうしても食べたかったですので、ついつい。。でもアタリです^ ^

e0161061_221413.jpg


要所要所にこだわりのあるのは

e0161061_225743.jpg


スイーツまで続き。

とにかく、大満足だったんです。
久々サシ飲みの相手とは、けっこう腹を割って話せる仲で永い付き合いですが
この日は会話もジェットコースター並みにすごかったです。
本音で話せるからこそ、本気でぶつかるとそれは傍から見たら、ケンカしているようにも
見えたかもしれません。声もところどころボリュームが高かったかもしれない。

でも最終的にはとてもポジティブにこれから一緒にプロジェクトを支えあい良いモノを
作ろうという同じ意思のもと着地点は一緒なんだと認め合ったのでした。

でももし、この場がイル・ボッカローネじゃなかったら、もしかしたら途中で決裂して
席を立っていたかもしれない。

それだけこの日の、料理と空間の雰囲気は最高に私たちを更に良い関係に導いてくれたような
気がした。

もちろんどの料理も美味しかったのは言うまでもなく。

きっとまた、私たちはサシ飲みの機会があるかもしれないけど、煮詰まってお互いのことが
見えなくなり、尊重しあえなくなるような空気を感じたらココに来るかもしれない。

そう、イル・ボッカローネに。
ご馳走様。そしてアリガトウ。
by htani1223 | 2009-02-22 02:13 | お気に入りのお店(イタリアン)
<< TOKYO BY TOKYO ブロッコリーペンネ >>