<   2013年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

星のふたつの会に行ってきて

以前のブログで、スターネットの菜種油のことをアップしたことがあった。
あれから、いろんな縁があって去年の5月に友人たちと益子に行った。スターネットの本店と
その代表の馬場浩史さんのアトリエ・工房・自宅である建物ZONEを訪れた。ご本人と会い、
ちょうど届いたばかりという、静岡からの新茶を丁寧にいれていただいた。
短い時間ではあったものの、とても貴重なお話を聞くことができた。
今でも、そのひとつひとつを覚えている。

益子という土地のこと。
ご自身が以前からここに至るまでのことを、その思いと一緒に。
これからのこと、その年の土祭でやろうとしていること。
私は、その話の隅々まで馬場さんの感覚、意識、に刺激をうけたのでした。

スターネットで働いている人たちは、とても丁寧で、扱う品々ひとつひとつに
意識を注いでいた。

その馬場さんが この7月に他界された。
去年お会いしたときから実は病だったらしい。

先日の9月19日の満月の日、益子の私たちに新茶をいれてくれたZONEで
昼から「馬場浩史 星影の俤を偲ぶ會」があった。

e0161061_21132761.jpg


この日は、集まった人たちにとって、とても貴重なときだったと思います。
この日1日限りの展示がふたつあったのです。
ひとつは去年行ったときには入れなかった、ZONE近くのrecodeという建物内で、生前馬場さんが
撮りためていたという写真の一部の展示が。

e0161061_21202169.jpg

recode内は、外光の差し込み方もすごくきれいで、スタンドピアノがあり、
たまに音楽会も催されていたよう。

e0161061_21244035.jpg

愛犬のハク。
去年訪れたとき、私たちには吠えなかった、とても美しい犬。
夜の会のとき、最後に登場したけれど、主人が亡くなったことを知っているんだろうか。。

e0161061_21263329.jpg

recode内の天井。
梁材などはたしか、古い家が建て替えになったときに出た廃材の流用ということを
聞いたことがある(ここもそうかどうかは確認していない)

展示のふたつめは、スターネット店内の2Fのarkで。
馬場浩史とハンディクラフト〜オーガニックハンドルームという思想〜

e0161061_2129763.jpg

e0161061_21294093.jpg

そこに最初に掲げられていたメッセージというか、この手仕事ひとつひとつへの
思いが書いてあり。
スターネットで取り扱っている商品の革製品、布製品、衣服、他などは
馬場さんのもとに来た人たちの手仕事。益子の陶器、益子で革製品を作っている職人、
草木染めをする人たちの丁寧な仕事があらためて紹介されていた。

e0161061_21375843.jpg

馬場さん直筆のスターネットのものづくりのこと。

続き
by htani1223 | 2013-09-22 22:12 | つれづれ